静岡の注文住宅・建築デザイン・建築設計事務所なら㈲滝下秀之建築アトリエ一級建築士事務所

Hideyuki Takishita Architect design Office

   ■お電話での問い合わせはこちらからお気軽に。
           〒420-0886 静岡市葵区大岩3-21-38 TEL 054-209-2088
                             FAX 054-209-2089

                            ✉ h-taki@d4.dion.ne.jp

  HOME・NEWSWORKSPROFILEPROCESSCONTACTBLOGLINK
COLUMN
 HOME > 20.「ロフトを設置することで、おしゃれな空間を創造し、収納力を増加させる。」
  20.「ロフトを設置することで、おしゃれな空間を創造し、収納力を増加させる。」
   

平成12年の建設省告示第1351号、「小屋裏物置等の取扱い」により、これまでの天井高1.4m以下は変わらず、「ロフトの床面積がその階の1/2未満までは階とみなされない。(床面積に算入しない。)」(これまでは1/8未満だった。)という大きな変更がありました。早々、大手住宅メーカーの「蔵のある家」と言う商品が大ヒットし、その頃から「ロフト」が流行し現在に至っています。

弊社では、ロフトを単なる小屋裏収納とは考えず、「おしゃれで、楽しい空間を創造する。」ためのアイテムの一つとして考えています。また、どんな部屋の上部(または下部)にロフトを設置するかで、収納以外の用途が違ってきます。
今回は弊社の作品事例により、様々なっ使い勝手のロフトを紹介します。
 

     
1⃣ LDKの上部に設置したロフト-1 
   
  LDKから上部ロフトを見る。
   
   ロフトは書斎スペースとして利用しています。ご主人が寝ころがったりもしているそうです。ロフトの奥の入口は収納専用のロフト。
      <作品事例>-デッキテラスを囲む二世帯住宅(店舗兼住宅)
 
   2⃣⃣  LDKの上部に設置したロフト-2
 
LDKから上部ロフトを見る
   
   
   ② ロフトは書斎スペース。プロジェクターによる大画面をここから見下ろすこともできます。
  奥はペントハウス(塔屋の階段室)、右側は収納専用のロフト。
    
   
 3⃣⃣⃣  2室の子供室の上部に設置したロフト
   
   ①子供室から上部ロフトを見る。
   
 
   ② 広さ9帖のロフトは子供が小さい頃は遊び場兼おもちゃ置場。将来は収納専用のロフトに。
  カーテン用にレールを取付。奥はペントハウス(塔屋の階段室)なので使用勝手も良好。
   
    
 4⃣  子供室の上部に設置したロフト
   
    子供室から上部ロフトを見る。子供室が狭いので、ロフトをベッドスペース+物置として利用しています。
   
子供室を見る。
<作品事例>-中庭(ウッドデッキ)のある家
       
   
   5⃣⃣  ウォークインクローゼットの上部に設置したロフト
   
   
   ウォークインクローゼットから上部ロフトを見る

   
   
   お施主様がかなりの衣装持ちでしたので、「2階建てのクローゼット」になりました 
     <作品事例)- 白い外観(シンプルモダン)の家
   
   
    6⃣⃣  ビルトインガレージの上部に設置したロフト
       
   
   ① ビルトインガレージの室内を見る。中央奥の扉の向こうが玄関。
   
   
   ② ハシゴを登るとロフト。右が玄関、左がビルトインガレージ。
   
   
 

③ 広さ20帖のロフト。寝室側はクローゼット、その他は物置スペースとして利用しています。

   
   
  ④ 寝室から見たロフトの扉。寝室床との段差は80cm。寝室側はクローゼットとして利用。 
   <作品事例>-インナーガレージのある家
   


Copyright(c)2010 Hideyuki Takishita Architect Design Office.All Rights Reserved.