静岡の注文住宅・建築デザイン・建築設計事務所なら㈲滝下秀之建築アトリエ一級建築士事務所

Hideyuki Takishita Architect design Office

   ■お電話での問い合わせはこちらからお気軽に。
           〒420-0886 静岡市葵区大岩3-21-38 TEL 054-209-2088
                             FAX 054-209-2089

                            ✉ h-taki@d4.dion.ne.jp

  HOME・NEWSWORKSPROFILEPROCESSCONTACTBLOGLINK
COLUMN
 HOME > 3.「階段」は家を素敵に演出する装置?
    3. 「階段」は家を素敵に演出する装置?
 
『階段』を辞書で検索すると「高低差のある場所への移動を行うための構造物」とあります。
しかし、私は『階段』にそれ以上の効果を求めて設計しています。
   
「空間をデザインする装置の一つ」
まず必ず考えることが、「空間をデザインする装置の一つ」になっているかということです。逆に言えば、移動を行うためだけの一般的な階段によって空間(部屋)を平凡なものにしてしまうケースがまま見受けられるからです。
   
「広さや奥行きを演出」
次に階段を設置することで「広さや奥行きを演出」することです。例えばらせん階段にした場合、階段の向うの壁が見えることで、視覚的に空間が狭くなっておらず、むしろ上から光が差し込んでいたりすると、人間の想像力が働き、さらなる広さを感じるものです。
   
「採光と通風の場所」
さらに階段を付けるということは、そこの部分が必ず吹抜けになるわけですから、そこを利用して「採光と通風の場所」にしています。
   
「部屋のつながりを強める装置」
それ以外でスキップフロアの家などには、そこの部屋と半階上隣りの「部屋のつながりを強める装置」として部屋の幅と同じ幅広階段にしたケースもあります。
半屋外ですが私の自宅でも幅広階段を設置したところ、子供たちは階段を椅子やテーブル変わりにカードゲームをしたり、マンガを読んだり、リビング以上に居心地の良い場所だったようです。

1) 鉄骨のらせん階段 
鉄骨のらせん階段
玄関から階段越しに、中庭(ライトコート)が見える。
   

2)木製(集成材)のはね出し階段 
木製のはねだし階段。空間のアクセントとしても美しい。
   LDKからロフトにつながる跳ね出し階段を見る。
空間のアクセントとしても美しい存在感を醸し出している。
    <作品事例>-デッキテラスを囲む二世帯住宅(店舗兼住宅)
   

3)鉄骨のストリップ階段
鉄骨のストリップ階段
踏板は木製。キッチン側から階段裏を見てもケ込板がないので、向う側が見え視界の妨げにならない。
    <作品事例>-オープンエア(開放感にあふれる戸外とのつながり)を楽しむ家
   

4)踏板が強化ガラスの鉄骨階段。
踏板が強化ガラスの鉄骨階段
2階から屋上へ行くこの階段は、屋上からの光を2階、さらには1階にまでもたらす。
   
踏板が強化ガラスの階段は、階下に光を届ける。
    <作品事例>-白い外観(シンプルモダン)の家
   

5)スキップフロアの空間を繋げる幅広階段 
スキップフロアの幅広階段
  
   スキップフロアをつなげる幅広階段
リビングと半階上の子供部屋をつなげる階段。子供部屋の下はビルトインガレージ。子供部屋の半階上は書斎。
    <作品事例>-スキップフロアーと大空間の家
   

6)半屋外にある鉄筋コンクリートの幅広階段とスロープ(斜路)
半屋外にある鉄筋コンクリート造の幅広階段とスロープ
奥に見える巾が3mある階段は、子供の絶好の遊び場。左に見えるスロープもスキップフロアの各階を緩やかにつなぎ、楽しい空間を演出する装置として機能している。
 <作品事例>-プールがある家


Copyright(c)2010 Hideyuki Takishita Architect Design Office.All Rights Reserved.