Hideyuki Takishita Architect design Office

静岡の注文住宅・建築デザイン・建築設計事務所なら ㈲滝下秀之建築アトリエ一級建築士事務所

 HOME | NEWS | WORKS | PROFILE | PROCESS | CONTACT | BLOG
□滝下秀之建築アトリエの設計事例・中庭(コートハウス)のある家
WORKS
住   宅
グラデーションの外観、3つのデッキテラスを囲むコートハウス
 
所在地: 愛知県
用 途: 専用住宅
構造・規模: 木造・2階建
敷地面積: 265.14㎡(80.2坪)
延床面積: 154.85㎡(48.8坪) 
<内駐車場>   19.87㎡(6.01坪)


 撮影-加斗タカオ写真事務所
リビングからダイニングとキッチンを見る。リビングからつながるデッキテラスは、第二のリビングのよう。左に見えるのは、子供さんの学習コーナー。
北側外観、ガルバリウム(グラデーション) 玄関から吹き抜けを見る 玄関に入ると正面にデッキテラスが見える リビングダイニングを見る
ダイニングからキッチンを見る 家事室兼書斎、後ろは本棚 主寝室を見る アクセントクロスがおしゃれ 子供室から2階のデッキテラスを見る 2階の広々としたデッキテラス モザイクタイル貼りのおしゃれな便所
グラデーションの外観、3つのデッキテラスを囲むコートハウス

当敷地は、長い間更地であったため、東・西・南の各隣家は通常以上に大きな窓がこちら側に向いている状況でした。
そこで、3ヶ所のデッキテラス(1階-2ヶ所,2階-1ヶ所)を囲むように各部屋を配置し、外部のデッキテラスも含み、隣家からは生活の様子が見えないが、室内の各部屋からは、デッキテラスに向かって開放的になるような「コートハウス」を提案しました。
大小3つのデッキテラス側に付いた大きな開口部は、各部屋(居室)に光と風を注ぎ、内部と外部が一体となり、また居室以外の北側の玄関やガレージ(ビルトインガレージ)にも同様に、大きな開口部を付けることで、建物全体が「コートハウス」の恩恵を受け、明るく快適な住宅になりました。